2018年 グローバルセキュリティレポート

「10年間のセキュリティを振り返る」

Trustwaveが、マネージドセキュリティサービスプロバイダーとしての経験と独自の調査結果から『グローバルセキュリティレポート』を発行するようになり、2018年で10年を迎えました。
本レポートでは、過去10年間のセキュリティの総括と、2017年に発生したセキュリティ侵害およびデータ漏洩の分析をご紹介し、これらの傾向が今後10 年間について何を意味しているのかについて考察します。

主な内容(約105ページ)

データ侵害

Data

組織犯罪集団は、脆弱性が既に知られている広く普及したソフトウェアのプラッ トフォームをデプロイするなどして、手軽な成果を得ようとしました。

脅威インテリジェンス

Search

スパムの量が増加したことに着目して、増加が生じ た理由とその原因を、スパム、フィッシング、メール経由のマルウェア等の動向を探っています。

セキュリティの状況

Lock

脅威探索の中では、脅威探索に含まれるものと、組織が防御力を 高めるために脅威探索を役立てる方法を専門家が検討しています。

Trustwaveのセキュリティ、脅威、侵害に関する第10回年次報告 概要

「21ヵ国での侵害事件の調査!」

WAFを導入する主な目的

Webサーバーやアプリケーションの脆弱性を狙うエクスプロイト攻撃を防ぐこと